読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

派遣社員・会社員のカウンセリング【転職キャリア相談・起業準備支援】

派遣社員・会社員のカウンセリング【転職キャリア相談・起業準備支援】

「よろしいですか?」 と 「はい。」の裏側

ある近所のコンビニで、

熱いもの(温かいレベルのものではありません^^;)

と冷たいものを同時に買った時。

例えば、熱々のグラタンとアイスクリーム。

 

ある店員さんは、お会計の際、袋に

「一緒に入れてもよろしいですか?」

と聞いてこられます。

他の店員さんは、「お分けしますか?」

と聞いてくださいます。

というより、この組み合わせのお買い物の

場合は、何も聞かずに別々の袋に分けて

入れてくれる場合がほとんどです。

 

 「一緒に入れてもよろしいですか?」と

店員さんに聞かれたら、

ホントは分けて欲しいけど…と一瞬思っても、

「いいですよ。」って答えてしまうお客様が

が多いのかもしれませんね・・・。

 

この店員さんとは違うニュアンスですが、

オフィスなどで、「今、よろしいですか?」

などと、尋ねる機会ってありますよね?

 

断られた時

普通に素直に受け止められますか?

必要以上に傷ついてしまったり、

怒りを感じたりするなんて事はありませんか?

 

 

相手からの「はい。」=「Yes」の答えを

期待して(誘導するために)、

「よろしいですか?」って尋ねる場合と、

相手の都合を考えて、相手を気遣って、

「よろしいですか?」と尋ねる場合では、

断られた時の受け止め方に違いがでてくる事が

あるかもしれません。

 

相手への期待が強いと、

「裏切られた」と感じてしまうかもしれません。

 

ちょっと話はそれますが、

営業職の方やテレアポをされている方なら、

「質問話法」の手法のひとつとして、

普段のお仕事で、この手法を使っている

かもしれませんね^^。

 

素直に、相手への気遣いができた時は、

どんな答えでも、傷つかずにすむのかも

しれませんね。

 

 

 

脱★派遣!転職・起業準備に役立つ

無料メルマガのご登録は、こちらから

⇒ 松本沙紀 Outbound(アウトバウンド)通信

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
このメルマガを読み続けることで、
あなたの運気が良くなり、

あなたの人生がプラスに動いていくように、
そして、周囲の人も幸せにできるように…

そんな想いをのせて、今後も
有益な情報をお届けしてまいります!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

お問合せはお気軽に

⇒ 【Outbound(アウトバウンド)東京】お問合せ

 

 

Outbound(アウトバウンド)東京
派遣社員からの起業準備「こんなはずじゃない!」から抜け出し、憧れの生活を手にするためのキャリア相談&カウンセリング